2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2012/02/09 (Thu) 手作りの餃子


「あー。。


インフルになっちゃってさ
母さんに移したらいけないから
当分行かないから。」


って実家に電話を入れたら




母さんったら
急遽ぎょうざを作って
弟に持たせてよこしたよ。



皮も手作りなんだよ。

o0240032011771537935.jpg


うんうん


これを食べたら
元気になったよ。



昔。中学で寮生活をしてた時

(中学までは遠いので寮に入っていた)

冬は雪で毎週帰れなくて
やっと正月前に帰ろうとしたら

やっぱり熱を出して
実家に帰れないことがあった。



母さんはまた寮に帰ってくる生徒に
それはそれは


ぶ厚い毛糸でカーデガンを編んで
もたせてくれた。



きっと2日で仕上げたんだから
ろくに寝ないで編んだんだと思うよ。




あったかくて
ありがたかったけど



重かったよ、

そのカーデガン(笑)






餃子を食べて
そのコロを思い出した。

わたくし事 | trackback(0) | comment(2) |


<<りんごのシュガーポット | TOP | え・・え~と>>

comment











管理人のみ閲覧OK


ぎょうざの皮、、、 

餃子の皮って、強力粉と薄力粉を混ぜるんだけど、半場冬眠中の雪洞状態の中で、その為の材料を確保してあるお母様の準備力!凄いですね。やはり雪深い地域の方たちのパワーに関心です。たかが数センチの雪でパニックになる都会子達が情けないです。(おいらも都会育ち)

2012/02/09 15:25 | 大根踊り大歓迎! [ 編集 ]


大根踊り大歓迎!さん 

昔、ここの開拓地が
栄養失調さながらだった時

教会の牧師さんが
小麦粉やらなにやらをみんなに配ったんだって。

小麦粉をこねて
餃子の皮を作り野菜を包み
冬の食料として確保してたそうです。

この餃子はそのころからの
開拓地のなごり。



なくしたくない味です。

2012/02/12 11:30 | タロウの主 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://yasai08.blog103.fc2.com/tb.php/1160-81313fd6

| TOP |

プロフィール

せっちゃん♬

Author:せっちゃん♬
ご注文やご質問がございましたら

settchin@gmail.com

まで
メールを

件名「やさい」でお願いします。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ビタミンカラーの時計

フリーエリア

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -